3Dプリント技術の株式会社グーテンベルクと協業|金属加工のご依頼なら東京都大田区の極東精機製作所

難削材の加工はおまかせください短納期・小ロットも対応

03-3734-6461

受付時間:8:00~17:00(平日)

無料相談・お見積り依頼

電話をかける

無料相談・お見積り

  1. HOME > 
  2. 会社情報 > 
  3. 株式会社グーテンベルクとの協業

株式会社グーテンベルクとの協業でものづくりの最先端へ

老舗✕スタートアップでものづくりの最先端に挑戦

テレビ取材についての内容はこちら

極東精機製作所は2021年度から3Dプリンティング技術でものづくりの改革を目指すスタートアップの株式会社グーテンベルク(以下グーテンベルク)と協業して、新しいものづくりにチャレンジしています。グーテンベルクの協力のもと、これまで切削加工中心だった製造工程に3Dプリンターを導入し、全く新しい加工に挑戦しています。

さらに、グーテンベルクの将来的な3Dプリンター開発計画を積極的に後押しし、極東精機製作所の全面サポートの下、わずか3か月あまりで、従来の10倍速で造形可能な高性能FFF/FDM方式3Dプリンター「G-ZERO」を開発しました。極東精機製作所の得意とする高精度な加工技術で製造されたハードウェアに、最先端の制御ソフトウェアを載せることで高速造形は実現されました。

高性能3Dプリンター「G-ZERO」を短期間で開発・製作

3Dプリンターは、試作サイクルの高速化や治具製作の短納期化さらには、CAD教育ツールなど様々な場面で使われています。日本ではほとんど開発されておらず、海外の3Dプリンターが市場を大きく占めています。
極東精機製作所とグーテンベルクは、これまでの常識を覆し、高性能な3Dプリンターを製品として世に出すためにハードウェアの設計から部品の調達、制御ソフトウェアまでの全開発行程を自社グループ内で行いました。市場で勝負できる性能を発揮し、生産においては製造ネットワーク内をフル活用して価格を抑えることができています。

日本製3Dプリンター 高速性に優れる「G-ZERO」

2022年2月以降の生産開始を予定しており、これまで極東精機製作所になかった新たな製品を世の中に送り出す見込みです。開発された「G-ZERO」はFFF/FDM方式の3Dプリンターの中で、市場にある製品の最大10倍速で動作し、3Dプリンターのボトルネックであった造形時間を大きく短縮すると期待されます。開発現場や最終製品での利用はもとより、これまで3Dプリンターが活用されていなかった学校の授業中に3Dプリントするなど、新たな利用方法を切り開く可能性を秘めています。

協業に伴う最新設備の導入・新しい挑戦への体制

極東精機製作所では、グーテンベルクと協業したことで、3Dプリンターのような電気回路やソフトウェア制御、電子回路を含む製品についても設計~生産まで担える体制を整えてきています。

生産体制として導入したのは、最新の検査・測定技術です。高速3Dプリンターの「G-ZERO」に加え産業レベルの硬度を誇る素材を扱える「Markforged」も揃えています。CNC画像測定機は物体を即座に3Dデータに落とし込み、ミクロン(μ)単位での製品の検査や製品の図面化、3Dプリンティング用のデータへの変換が行えます。デジタルなものづくりへの対応を進めています。

ものづくりへ挑戦したいお客様に、これまでの歴史ある極東精機製作所への信頼を高め、新しい時代に適したサービスを提供するために、全力でお応えしていく構えです。

難削材の加工はおまかせください /
短納期・小ロットも対応

03-3734-6461

受付時間:8:00~17:00(平日)

タップで電話する

無料相談・お見積り依頼

pagetop